top of page

インターネット安全教室&eスポーツと著作権セミナー

更新日:2022年1月13日



テレワークやオンライン授業などの活用が急速に進み、インターネットを利用する機会が増えている今、改めて情報モラル・セキュリティに注意することが求められています。 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、情報セキュリティの基礎的な知識だけでなくリテラシーの向上を目指し、「インターネット安全教室」を開催します。

また昨今「eスポーツ」という文字を目にする機会が増えています。eスポーツは、性質上、著作権、商標権などの知的財産権についての配慮を欠くことができません。今回のセミナーでは、eスポーツに関連する法律問題のうち、著作権・商標権などの知的財産権等の注意点などについてお話します。


参加費

無料

日時・場所

1月19日 14:00 – 17:00 マークメイザン

〒892-0821 鹿児島県鹿児島市名山町9−15


14:00~15:00  

「インターネット安全教室~子どもたちのSNS利用、知っておきたい対策とは~」

  一般財団法人インターネット協会 主幹研究員 大久保 貴世 大久保貴世(おおくぼたかよ) 一般財団法人インターネット協会 主幹研究員。 商社、メーカーお客様相談室などを経て、1995年より現職に。 東京都のネット・スマホのトラブル相談窓口「こたエール」チーフスタッフ、SNSやフィルタリングの設定マニュアル『その時の場面集』の作成、インターネットのルール&マナー検定の実施、インターネット利用アドバイザーの育成などを 担当。 トラブルの事前予防策や対処法を広く周知するため、講演活動や教育ビデオ等へも出演している。 <委員実績例> 警察庁 「児童の安全・安心なインターネット利用に資する方策に関する研究会」 「総合セキュリティ対策会議サイバーボランティア育成分科会」 文部科学省 「消費者教育推進委員会」 「中高生を中心とした子供の生活習慣づくりに関する検討会」 「情報教育指導力向上支援事業(情報モラル)協力者会議」 「学校ネットパトロールに関する調査研究」 東京都教育庁 「有害情報から子供を守るための対策検討委員会」 東京都 「東京都推奨携帯電話端末等検討委員会」 「墨田区いじめ問題専門委員会」等 <ビデオ監修実績例> 法務省「インターネットと人権 加害者にも被害者にもならないために」 東京都教育委員会「人権啓発学習ビデオ わっカフェへようこそ」 15:10~16:10  

「インターネット社会と法 ~eスポーツと著作権法~」

 一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会 専務理事 久保田 裕 久保田 裕(くぼた ゆたか) 一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS) 専務理事 その他:山口大学特命教授 公益社団法人 著作権情報センター 理事 特定非営利活動法人 全国視覚障害者情報提供施設協会 理事 特定非営利活動法人 ブロードバンドスクール協会 情報モラル担当理事 外部会議委員等: (株)サーティファイ著作権検定委員会 委員長 (一社)日本eスポーツ連合(JeSU) コンプライアンス委員会 委員 東京工芸大学 知的財産アドバイザー ドルトン学園 知財教育アドバイザー 練馬区ラグビーフットボール協会 副理事長


閲覧数:262回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page